Welcome to my blog

ふれあい広場-当日-

澄み切った青い空の下、先ずは作業場の確保。
下のタイルを汚さないための策は紙を敷き詰める。
これが最初の作業となります。
次にテ-ブルを並べる、道具類の運搬作業。


20140902a.jpg
たこ焼きの仕込み中

20140902b.jpg
風対策のカバ-作成中

20140902c.jpg
パック詰め部


20140902d.jpg
生地づくり


 20140902e.jpg
余裕のベテランチ-ム


20140902f.jpg
ちょっぴり見習いチ-ム


点火後はプレ-トの温めから始まります。
温まった時点で適量の油を注ぎます。
生地を投入した直後にタコ・キャベツ・天かす・紅ショウガが入ります。

焼き手はベテランと見習いの2班に分かれます。
どちらが上手に焼けるかの競い合いではありません。
みんな真剣に作業を進めています。
スタ-ト時は火力調整中のため多少焦げ目が目立ちますが、2回目以降は流石!!!いい塩梅に焼きあがります^^





20140902i.jpg
火力調整中は こんな感じ(見習いチ-ム)


20140902g.jpg

除々に腕を上げる見習いチ-ム


 gline0304001.gif


数年前から手掛けるようになったイモ餅は、回を重ねるごとに工夫がなされ本来の餅らしくなってきました。
焼き手によって仕上がりは変わるようですが、それはそれで個性的な仕上がりで良いかと思います。


20140902j.jpg
数人の手によって小判型に成形


 20140902k.jpg
いも餅担当はS子さん



管理人自らインタビュア-となり、S子さんにお話を聞かせて頂きました。
油の使い方から焼き具合まで^^
作業中にも関わらずS子さんは、丁寧にお話して下さいました。
ただ油をひき焼けばいいと言う安直な扱いではないのですね。

焼きあがりにモチモチ感があることに「なるほど~~」と頷けるものでした。


以上、現地からのリポ-トでした。

Comments 0

Leave a reply